« 熊スプレー | トップページ | OR Foray Jacket »

2013年2月24日 (日)

シダンゴ山.....

P1010460


シダンゴ山に行って来ました。

今回は、家族でハイキングです。


子供も小さいし、妻はアウトドアな感じではないので、頂上は目指さずに適当なトレッキングを楽しむのが今日の目的です。

もし子供が、疲れて歩かなくなってもいいように抱っこひもを持って行きました。

このくらいの年で抱っこひもで抱っこされている子供ってあまり見かけませんが、山では普通に抱える事が出来ないのでしかたがないですね。






P1010459_2


天気がいいし、お出かけ大好きな娘は、テンション高いです(笑)

どこまでこの調子で行けるかな?

ちなみに、同じくらいの子供と比べると、体力が無いのか?甘え過ぎなのか(笑)、とにかく歩くのがあまり好きではない4歳児です。







P1010462


この山は、標高が低いし、距離が短いようなので初心者向けという事が、インターネットで調べると出て来ますが、勾配はきつめです。






P1010465


結構、張り切って登って行きます。





P1010469


まだまだ元気?






P1010479


かと思いきや、早速“抱っこひも”のお世話になっています。。。

予想はしていましたが、

早っ!

重っ!(16Kgあります。)





P1010481_2


その後、復活はしましたが、





P1010502


かみさんも、慣れない山歩きで疲れているようでしたので....






P1010489

P1010487_2


早々に、飯にして下山しました。

とても喜んでくれたみたいけど、

まだ少し、早かったかな?






P1010504


日陰は、とっても寒い!







P1010493


ミツマタもまだ蕾でした。







P1010505

急勾配の坂を、ももをプルプルさせながらようやく下山しました(笑)

山蛭もまだ居ない地域なのでもう少し暖かくなったらまた家族で行きたい場所です。










P1010529


温泉入ってから帰りました♪


いつもは?家族を家に置いて遊んでいますが、家族と山歩きするのもいいですね。

(ただし危険が低い場所に限りますが)


おしまい

« 熊スプレー | トップページ | OR Foray Jacket »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

たまには家族でハイキングも楽しそうでいいじゃん
結構宮が瀬周辺にもあるらしいよハイキングコース

私は完全グロッキーになってしまいました

お互いスタミナ付けましょう~

ほのぼのしててイイてす。とても懐かしく思います、大切な時間ですね。

>相模の釣師さん

宮ヶ瀬は、山蛭のイメージが強いので、なるべく近付かない様にしているかもしれません?(笑)、特に家族連れでは・・・

地元ではありませんが、どちらかと言うと西丹沢のほうが、地元love意識?がありますね~

スタミナ着けたいですね~


>takiさん

シーズン中は釣りばかりしている私ですが、人生いつどうなるか分からないので、家族と過ごす時間も大事にしたいですね~

takiさんも子供が小さい頃は、行かれていたんですね!

こうやって一つひとつ家族の想い出と絆ができていくんだね。

16キロ、テン泊山行のちょうどいいトレ-ニングになりまっせ。

もっともっと背負って山に出なされ!

16キロ背負ってってボッカみたい!
うちも今年は山登りデビューしたいんだけど、どうなることやら(現在15キロ)。

>高崎さん

娘の人生初登山でしたので、辛い思い出にならない様にすぐにおんぶしましたが、もう少し歩ける様になって欲しいですね。

でも、私のトレーニングになもなったし、いい思い出になりました♪

>masuturiさん

お子さん、もう15キロですか!?

子供の成長は早いですね!


登山で16キロの荷物って、慣れてない私には結構重かったです。

今までは、山奥の釣りで万一、同行者が動けなくなったら担いで降りるしかないと思っていましたが、大人を担いで降りるのは無理だと感じました。

でも、masuturiさんなら大丈夫だと思いますよ(笑)

シダンゴ山.....
おもしろい名前ですね。
体力的に4歳はイマイチかもしれませんが、1年毎に驚異的に体力アップしますよ。

帰りに皆さんで温泉はいいですね。
これで解禁日は笑顔で送り出してもらえるかも(happy01

>佐久っ子さん

頂上まで登ると山名の由来がわかるみたいなのですが、結局この日は、わかりませんでした。

この記事を更新するときにリンクを貼ったのでその時にわかりましたが、飛鳥時代にいた仙人の名前だそうです。

そんなに昔からあるとは思いませんでした。

一年ごとに驚異的に…(笑) そうなんですね!楽しみです。

毎年一回は温泉旅行に行っていたのですが、去年は行けなかったので久しぶりの温泉にみんな喜んでいましたね。

子供に、何で男湯と女湯に別れているのか質問されて、純粋でかわいいなと思いました。

数年前に嫁と登りましたが
頂上の眺めは標高の割に本格的ですよね~

>taboさん

奥様と行かれたことがあるんですね!

私は今回初めてで、頂上まで行かなかったので、次回は頂上からの景色見てみたいです~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213000/49627609

この記事へのトラックバック一覧です: シダンゴ山.....:

« 熊スプレー | トップページ | OR Foray Jacket »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ